写真付き解説で安心!ハイハットスタンドの組み立て方!

楽器・音楽

今回はドラム初心者の方で組み立て方がわかりにくいパーツ。。

ハイハットスタンド

の組み立て方について写真付きで解説して行きたいと思います。

スポンサーリンク

ハイハットスタンドとは?

ハイハットスタンドというのは、ハイハットシンバルを立てるためのスタンド!

以前にハイハットシンバルをクラッチに取り付ける方法を書いていますのでそちらも

一緒に見てもらうとハイハットスタンドをより理解してもらえるかなと思います。

初心者でも安心!ハイハットシンバルの組み立て方
ハイハットシンバルをハイハットスタンドに取り付ける時に迷ってしまうのがハイハットクラッチをTOPシンバルに取り付ける方法。。今回は写真を使って1から取り付ける方法をご紹介します。
スポンサーリンク

写真付きで説明します!

まずはバラバラにしたらこんな感じで各パーツが分かれます。

左からハイハットクラッチ。上部パイプ、ロット、スタンド下部

①まずはスタンド下部の足を広げて組み立てます。

のボルトを緩めて三脚を広げてください

②足を置くプレート部分の組み立て

つま先のゲートの部分に小さな穴が左右に空いていますので

そこにの金属のパーツを手で軽く握って左右の穴に差し込みます。

手で軽く握って穴に差し込みます
差し込んだらこんな感じ

③ロットを取り付けます

そして皆さんがよく間違えているポイント!

ロッドの取り付け方法です。

ロッドのネジキリの部分をスタンド下部の天辺にあるネジ穴にくるくる回しながら取り付けます。

取り付けるとこんな感じです!

④上部パイプを差し込んで。。

そして完成!!

完成したらハイハットシンバルのボトムシンバルを裏返しにして(お皿状にして)シンバルの中央の穴に

ロッドを通して置く。そしてトップシンバルはクラッチに取り付けたシンバルをロットに通してセット完了!

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか?

どのメーカのハイハットスタンドも大きく組み立て方は変わりませんので

ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!

Spin a letter

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました